メルケル氏の症状は脱水ではなく病気なのか?世間や海外の反応をまとめてみた!

dassui-title

アンジェラ・メルケル氏は、公式の儀式中に彼女の体が制御不能に揺れていたのを目撃されて大丈夫なのかという声が上がっていました。ドイツの首相は、数杯の水を飲んだ後に彼女は「元気だ」と述べていたようです。式典が継続するにつれて、首相は回復したように見え、ウクライナの大統領のウォロディミル・ゼレンスキー氏と一緒にレッドカーペットの下を歩いていました。そんなメルケル氏の症状は脱水ではなく病気なのかという声が上がっています。世間や海外の反応をまとめてみました。

式場は30度を超える暑さだった

彼女の健康についての懸念を引き起こした激しい震えは、ベルリンにウクライナの大統領を歓迎したときに起こりました。その日は暑い30度の暑い日でした。

「体調がすぐれなかったので、私は少なくとも3杯の水を飲みました。水分が私が必要としていたもので、今はとても元気です」と語った。

 

ウクライナ大統領のゼレンスキー氏は、もし彼女が何らかの危険にさらされていたら、彼がメルケル氏の救助が出来たであろうと述べた。「彼女は私の隣に立っていて完全に安全だった」と言っていました。

脱水ではなく病気なのか?

一部ではメルケル氏の症状は脱水ではなく病気ではないかという声も上がっていますが、ドイツには厳格なプライバシー保護法があるため、メルケル氏に健康上の問題があるかどうかは不明のままです。

メルケル氏の体調が悪いなどというフェイクニュースが出回っているが、メルケル氏は健康だ!自国の国家がつまらないからブルブルマシーンの上に立ってただけだ!という声も上がっています。

2014年にさかのぼりますが、メルケル氏はテレビインタビューを体調不良を感じたという報告の後に延期した事があります。彼女のスポークスマンは食事の後には元気になりインタビューをする事が出来たと語っていました。今年で65歳になるメルケル氏には30度の暑さの中で外にいるというのはきついのかもしれないですね、普通の人にとっても30度の中外にずっといるのは厳しい事だと思います。メルケル氏は現在の任期が2021年までで、任期満了後にはドイツの首相を辞任する予定です。

世間や海外の反応まとめ

世間や海外の反応まとめです。

今日より涼しい日に兵隊がパレードで倒れるのを見た事がある、メルケル氏はすごい!

メルケル氏はドイツ国家にアレルギーがあるんじゃないのか?

メルケル氏のクローンが壊れてきてる

歳?

病気か不安症害か?

まとめ

メルケル氏の健康に問題がない事は本当によかったです、国を代表する人達というのはこのような暑い時でもしっかりした格好をしないといけないからなおさら大変ですよね。式中には簡単に水分補給とかするわけにもいかないですから、本当にゲルマン魂で良く乗り切りましたね。

Reference: Independent

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です