ニューヨーク・ニックス(Knicks)がケビン・デュラント(KD)とカイリー・アービングをとらなくてファンが激怒で炎上!取らない理由は何なのか?

knicks-title

ニューヨーク・ニックスが今回のフリーエージェントでの目玉で取ると思われていたケビン・デュラント(KD)とカイリー・アービングをとらなかった事でニューヨーク・ニックスのファンが激怒して炎上していますね。そもそもここまで激怒した理由は一体何だったのでしょうか調べてみました。

ニューヨーク・ニックスのファンが激怒した理由は何なのか?

ニューヨーク・ニックスのプレジデントは、今晩のがっかりするフリーエージェンシーのニュースを受けて声明を発表しました。ニックスはニューヨークの他のNBAフランチャイズであるブルックリン・ネッツをプレイすることを選んだケビン・デュラント(KD)とカイリー・アービングといった上位2人のフリーエージェントのターゲットを逃しています。

特にESPNがアキレス断裂の怪我を負ったデュラントに最大の契約を与えることを望んでいなかったと知ったニックスのファンはこの件に関して激怒しています。

今回の問題に関してニューヨーク・ニックスのプレジデントであるスティーブ・ミルズ氏の発表した声明は以下になります。

「一部のニックスファンは今夜のニュースに失望した可能性があることを理解していますが、ドラフトとターゲットを絞ったフリーエージェントの両方を通じて、今後ニックスを再建してプレーオフを戦う計画に確信を持っています。」 。

引用:ツイッター、ニューヨーク・ニックスのプレジデント、スティーブ・ミルズ氏

ニューヨーク・ニックスはフリーエージェントのジュリアス・ランドルとタージ・ギブソンの二人と大きな取引をしました。

タージ・ギブソンがニックスと2年$2000万で契約に合意したと代理人のマーク・バーテルスタイン氏がESPNに報告した

引用:ツイッター、エイドリアン・ウォジャロースキー氏 アメリカのスポーツコラムニスト

とあるリーグ情報によるとニックスがジュリアス・ランドルとの契約に合意したと発表された。3年$6300万での契約。

代わりにその二人がニックスファンの元に来ます。

ニューヨーク・ニックスがケビン・デュラント(KD)と契約しない方がいい理由は?

ニューヨーク・ニックスがケビン・デュラント(KD)と契約しない方がいい理由はいくつかあると言われています。アキレス腱の怪我、彼の年齢、年俸そしてメディアに対しての彼の難しさにあります。

アキレス腱断裂の怪我

デュラントと契約する事の最大のネックに上がるのは、彼が2019年の終わりに負った怪我のアキレス筋断裂です。アキレス腱断裂というのは選手生命にもかかわる怪我で、2019年から2020年の間ずっとデュラントは怪我からの復帰に費やすでしょう。なので契約の1年は無駄になるという考えももてます。実際のところ、怪我のため残りを期間も大丈夫という保証もありません。

さらに言うとデュラント怪我から回復しても彼が怪我をする前の様なプレーヤーに戻るという保証もないのです、CBSスポーツは2015年に過去13シーズンでアキレス腱の負傷から戻ったNBAの選手を対象に調査を行いました。結果はアキレス腱を怪我したプレーヤーが怪我前のようなスーパープレーをする事はなかったようです。

アキレス腱の怪我をした事がある人間にはわかると思うのですが、本当に筋力が落ちててびっくりします。前と同じようにもう戻らないんじゃないかと思う事がしばしばあります。そして何よりその怪我をかばおうとしてるのか他の場所が痛くなったりする事があって本当に大変です。逆のアキレス腱を切る可能性は低いようですが、代わりに違う場所の怪我を負うなんてよくあります。

年齢と高いサラリー

怪我がなくても、デュラントの30歳という年齢が彼との契約のネックにもなっています。ニューヨーク・ニックスは本当にマックスディールの4年と$164万での契約をのぞみますか?彼が34歳の最後シーズンの2022-23の時にKDは$41万の価値があるのか?

それはキャリアの晩年期を迎える選手にとっては信じられないぐらいの多額の金額です。それまでに、ニックスはイースタンカンファレンスファイナルのタイトル候補なる事を望み、そして彼らの給料の大部分がキャリアの最後を迎える選手に行くというのは、後悔するようになる動きになる可能性が高いです。

ニューヨークシティの扱い方

デュラントは彼がニューヨークでプレーしたいと言っていたが、本当にそれは彼が考え抜いたゆえに出した決断なのか?ニューヨークというのはどんなに図太い精神を持ってるアスリートでさえも挽くためのメディアです。首都圏の膨大な量のメディアアウトレットは、KDの顔に常にマイクやメモ帳をあてられることが保証されます。

去年の2月、デュラントがニューヨーク・ニックスに向かうKDについての話をした後にザ・アスレティックからのレポーターに怒りを爆発させたことがあります、騒動はKDがメディアのボイコットの後に起こりました。

KDがメディアでに対して怒りをあらわにしたのがそれが最初でもないですし、もちろんそれが最後になることでもないと思われます。間違いなくメディア騒動ニューヨーク版が起こると思われます。

24時間365日のスポーツトークラジオで起こることは言うまでもありませんが、彼はテレビや地元のさまざまな新聞の裏ページですぐに悪役になるでしょう。このような可能性があるのでもしデュラントがニックスのためにプレーした後に彼は本当に惨めになるのではないかと言われています。

ニックスの海外ファンの怒りのツイートまとめ

ニックスの海外ファンの怒りのツイートまとめてみました。

The Knicks really just had to apologize for how their free agency is going only three hours into it

ニックスは本当に今回のフリーエージェントの件を謝らないといけない、たったの3時間のどうしてフリーエージェンシーでこんな残念なニュースを発表した事を。

引用: SBネーション ‐ 有名スポーツメディア

ニックスファンのKDとカイリーの発表を聞いた後の反応

ニックスの今回の決断は正しかったかもしれない。KDは怪我の影響で今までのようなKDに戻らないかもしれない、カイリーも怪我などの問題を抱える可能性がある。しかしニックスはそのリスクを背負う必要がある!特に同じニューヨークのライバルがそのリスクを背負うなら!

ニックスがまた負けた

ニックスのファンの皆さん、まだサイトからログオフしてないんだったらログオフして、お願いだから。。

ニックスがドゥラントとカイリーを逃した反応

まとめ

日本より海外の人の方がスポーツ選手の移籍とかに対して熱い人が多いですよね、それだけスポーツが地域に根付いてるという事なんだと思います。日本だったらここまでの炎上騒ぎにはならないと思いますがどうなんでしょうね?でもこれだけ大きいスポーツだからこそあれだけ大きなお金が動くんだと思います。

References: The Spun, Fan Sided

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です