重傷を負い顔の半分を失った犬の感動ストーリー!新しい飼い主が犬に与えた2度目の人生が泣ける!

もしもあなたの顔の半分が無くなってしまったらどうしますか?重傷を負いその犬は顔の半分を失ってしましました。新しい飼い主がその犬に与えたものはかけがえのないものでした。今回の話の主人公の犬の名前はスカイと言います、日本語にすると空という意味です。スカイにとって空というのは彼の生存の限界を示してました。スカイの最初の飼い主は良い飼い主ではなく虐待を受けていました。そしてある時スカイは飼い主より受けた残忍な虐待で死の淵をさまよう事になり命辛々免れた後にスカイは保護され治療を受け別の飼い主に買われる事になりました。

スカイの怪我はどれくらいひどかったの?

最初にスカイと偶然遭遇した優しい見知らぬ人は、彼の怪我がどれほどひどかったかを思い出して語りました。スカイの顔の右半分はひどく損傷していました、右半分の目と耳を見失っていました、スカイの目玉が入っていた場所には目の代わりに汚れと草が沢山の入っていました、そして死んだ顔の組織は彼の顔から落ちていました。スカイのアゴはシャベルでの打撃を受けてひどく折れていてそして脱臼していました。


Youtube/ヴィクターラークヒル

養子縁組センターは、スカイの左側の顔写真だけを掲載していました。ドイツ出身の家族が彼をウェブサイトで見て写真を送ってもらいました。彼らが実際にスカイを受け取った時に初めて、スカイの怪我がどれほど深刻であるかに気付いたのです。ありがたい事に、ドイツの家族はスカイを飼うことに決め、そして彼を治療のために数人の獣医に連れて行きました。スカイの怪我は取り返しのつかないものであり、それらには1つの選択肢しか与えられませんでした。それはスカイを安楽死させるという事でした。

その後、ドイツの家族はスペインの動物の養子縁組と救助運動の創設者であるヴィクターラークヒル氏を見つけました。怪我をおった時から耐え難いほどの感染にも耐え抜きスカイはまだ生き続けていました。彼の強い意志がヴィクターと出会わせる偶然に繋がったのかもしれません。

スカイの治療はどのように行われたの?

ヴィクターのチームによる徹底的で詳細検査が行われました。彼らは、スカイのアゴをプロテーゼと交換する必要があると決定しました。スカイは食べ物が足りずにひどく栄養失調になっていたので、アゴを治す事によってスカイが食べたり飲んだりすることを可能にするでしょう。

dog4
Youtube/ヴィクターラークヒル

スカイに行われた手術は無事に成功しました、しかもその手の手術は動物で行われた初めてのものでした、その後スカイはついに回復し、彼の愛する新しい家族と相棒に加わりました。

dog2
Youtube/ヴィクターラークヒル

スカイの新しい家族は彼がいなくて寂しかったので、再会した時に彼らは寄り添いキスをする事をやめる事ができなかったようです、スカイは恐ろしい経験を過去にしたかもしれませんが、彼は生きて生きる決心をしました。

dog3
Youtube/ヴィクターラークヒル

まとめ

本当にひどい怪我を負ってしまったスカイはその生涯に関して絶望していたと思います。どうして自分はこんな風に合わないといけないんだと人間を恨む事をしていたかもしれません。全ての人間がこういう風にひどい人間だとは思わないでほしいです。スカイを引き取る事にした新しい家族のように優しい人も世の中にはいるという事を忘れないでほしいです。それにしても今回のスカイを怪我させた前の飼い主は一体どういうつもりでこのような事をしていたのでしょうか。こんな事をして心が痛まないなんて本当におかしいです、普通ここまでなる前にやめるはずです。

Reference: Good Times

1 Comment

familyfirstfcu.org へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です